食育の日(6月27日)



食育の日(6月27日)

今日は、食べ物がみんなのからだの中をどうやって通っていくのかお話しました。


からだの中がよくわかるエプロンシアターを使って説明・・・
からだの中のしくみに興味津々です。
「食道」「胃」「小腸」「大腸」のほかに「十二指腸」「肝臓」なども知っている『ものしり博士』もいて、びっくり!!!しました。


「小腸はこんなに長いんだよ!」と保育士が伸ばしてみると、お部屋の端から端までありそうな長さ!!!
「こんなに長い小腸がみんなのおなかにはいっているんだよ!」「ええ~~~~~!!!!」

食べ物の旅の最後は・・・・そう、「うんち」です。
みんなのだいすきなうんちのお話をしました。
 
ケラケラ笑いながらも、楽しく「うんち」のことを知ることができました。うんちで自分のからだの調子や、食べ物との関係について学びました。

 
最後はうんちが出る体操をしました。いろんなものをたくさん食べて、体を動かして、元気いっぱいの体をつくろうね!!

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する



この記事のコメントだけのRSSフィードを取得

*


»
«