食育の日(4月26日実施)



食育の日(4月26日実施)

すみれ組、ばら組、ゆり組、ひまわり組 (2~5歳児) 参加で、

食育の日がありました。

食べたものが体の中でどのようになっていくのかや、

食べ物にあるパワーや、うんちなどの排泄物の大切さなどの

エプロンシアターを見ました。

『小腸を伸ばしたら、こんなに長いんだよー』と教えてもらい、

『わーすごー』 『ながーい』 と子どもたちも興味を持って見ることができました。

自分の体がどのようになっているのか、仕組みや役割を知ることができました。

次に、お皿の並べ方をクイズ形式で教えてもらいました。

『これはどこー?』 との質問に意欲的に手を挙げて発言するなど

楽しく参加できていました。

“ご飯は左” “おかずは右” など、お皿の並べ方を教えてもらい、

子どもたちは、今までの自分の並べ方を想像しながら興味津々に見ていました。

これから食事の時は、並べ方カンペキかなぁ~!!

この“食育の日”を通して、食の大切さ・マナーなど

いろいろなことを学んでほしいと思います。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する



この記事のコメントだけのRSSフィードを取得

*


»
«